coffeeとsweetsがあれば

coffeeを飲みながら日々のあれこれをつづります

2022年夏休み 北海道旅行(東部) 4日目(最終日)釧路湿原 & 総括

北海道旅行(東部)最終日(4日目)。

 

1日目

pikao109.hatenablog.com

 

2日目午前

pikao109.hatenablog.com

 

2日目午後

pikao109.hatenablog.com

 

3日目

pikao109.hatenablog.com

 

北海道旅行も4日目。最終日を迎えました。

この日はまず朝風呂に入ってから、朝食を買いに外出しました。宿泊したホテルは朝食が売りのホテルだったことを後で知りました(TV番組「カネオくん」で函館の同じグループホテルの豪華な朝食が取り上げられていたので)。朝食の値段はシティホテル並みに高く、海鮮丼などとても豪華だったのですが、私の場合は朝はそんなにたくさん食べられないし、食べすぎると気分が悪くなってしまうので(バイキングだとついつい元を取ろうと頑張りすぎる(;^_^A)、今回は朝食なしで予約していました。

 

で、買ってきた朝食はこちら。

 

何とコンビニで調達しました。息子はおにぎり2つとヨーグルト、私はサンドイッチとヨーグルト+ホテルロビーのコーヒーで済ませました。旅行だとそこでしか食べられないものじゃないとって思いがちですが、子供はこの朝食でも全然問題なしのようです。まぁ普段でもコンビニのおにぎりなどを朝食に食べる機会はあまりないので、これも特別といえば特別なのかもしれません。

 

ホテルをチェックアウトし、レンタカーで出発。釧路湿原に向かいました。最初に訪れたのは釧路湿原の東側にあたる細岡展望台。

 

ja.kushiro-lakeakan.com

駐車場に車を止め、5分ほど歩いて展望台に到着。

木々が生い茂る森のような道を抜けて僅か5分歩いただけでこの雄大な景色が広がっているなんて感激!

写真ではとても伝えられないくらい見渡す限りの湿原。釧路川がゆっくり流れ、遠くには三日月湖のようなもの?も見えます(昔学校で習ったなぁ)。観光客も2,3組しかおらず、じっくり景色を堪能しました。

 

車に戻り、次のポイントに向かいます。今度は湿原をぐるっと回って西側へ。釧路市湿原展望台に車を止めました。

 

ja.kushiro-lakeakan.com

 

駐車場から遊歩道を歩き、サテライト展望台に到着。今度は東側から釧路湿原を眺めます。

こちらも見渡す限り湿原が広がっていて、湿原の広さを実感できます。この雄大な景色に癒されました。細岡展望台より観光客は多かったです。

 

展望台までの遊歩道はアップダウンは少なく歩きやすいですが、虫がとても多いので、長袖・長ズボンがベター、そして虫よけ必須です。

 

これで長かった北海道観光も終わり、たんちょう釧路空港でレンタカーを返却しました。

 

旅行最後の食事(昼食)は空港内のレストランで。

 

tabelog.com

 

私はカレーを注文したのですが、このカレーがスパイスが効いていてとてもおいしいのですがかなり激辛。まぁまぁ辛い物がOKの私でもルーが余って完食できませんでした。スパイシーで美味しかったのですが、ルーが多かった。。

 

 

息子はお決まりのラーメン(笑)。旅行中は毎日大好きなラーメン食べていました。私はラーメンは大好きって程ではないので(うどんやそばの方が好き)、食べたいものが違うときは道の駅や空港などにあるご当地グルメが色々楽しめるレストランだと双方満足できるのでとても助かります。

 

飛行機の出発を待つ間にデザートのソフトクリーム(白い恋人)を食べました。

昨年の北海道旅行(中央部)は昼間はかなり暑く、毎日ソフトクリームを食べていましたが、東部は流石に涼しくてソフトクリームを食べるのはこれが最初で最後でした。これでカレーの辛さでカッカしていた口の中が中和されました。

 

北海道東部は涼しく快適すぎて、サウナのような関西に戻りたくないと思いつつ、ピーチ126便(たんちょう釧路空港14:00発、16:30関空着)にて大阪に戻り、帰宅しました。行き・帰りの便ともに8~9割位座席は埋まっていました。

 

今回のお土産。

途中で立ち寄った道の駅でちょこちょこ買い、定番のお菓子は釧路フィッシャーマンズワーフにてまとめ買いしました(ほぼ自宅&両親姉家族宛)。北海道東部は西部・中部に比べてスイーツ系お土産の種類はそれほど多くないですね。女満別や釧路の空港も新千歳空港に比べるとこじんまりしていて、お土産も定番のものが多く売られていました。

 

この中で、特に気に入ったのはこちらのお菓子。

名前に「いも」とあるのに芋は全く使用していないのに、ほっこりと芋のような不思議な触感のお菓子。原材料もとてもシンプルなのもうれしいです。

 

オンラインでも購入できるようですが、お土産は現地で買うのが好き。

www.wakasaimo.com

 

北海道の東部では、この「わかさいも」と「丹頂鶴の卵」が私のおすすめのお土産です。

 

さて、3泊4日の北海道東部旅行。入念に下調べしたおかげでとても充実した満足度の高い旅になりました。北海道東部は自然の宝庫ですね。ただ、屈斜路湖摩周湖周辺は廃墟となったホテルや建物が多数、釧路市内も空き店舗が多く、コロナの影響かわかりませんが、地元の観光業はかなり厳しそうだと感じました。素晴らしい大自然があるので、また多くの観光客で賑わう日が来るといいなぁと思いました。

 

飛行機もピーチ直行便で時短かつ格安、ホテルもビジネスホテル中心、観光地は入場料や駐車場はほとんどかからず、とてもコスパの良い旅となりました。唯一高かったのはガソリン代位。

 

旅の軌跡は大体こんな感じです(距離・時間は無視してください)

 

旅行記はこれで終了です。最後まで読んでいただきありがとうございました。次行かれる方の参考になれば幸いです。